歯科治療と献血

先日患者様よりもうすぐ献血に行く予定だけど、歯医者での治療しててもそのまま行ってもいいの?とご質問いただきました。

献血

まず結論から申し上げますと

出血を伴う歯科治療を行った場合、3日間は献血がNGとされています。

日本赤十字社のHP上でも歯科治療後の献血について下記のように紹介されています。

出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)に関しては、抜歯等により口腔内常在菌が血中に移行し、菌血症になる可能性があるため、治療日を含む3日間は献血をご遠慮いただいてます。                                 ‴日本赤十字社HPより引用”

菌血症とは血液中に細菌が入り込んだ状態のことをいいます。お口の中には数百種類の細菌が存在しますが、抜歯などの観血処置や歯石除去でも出血がともなうことで血液中に細菌が侵入し菌血症を引き起こすことがあります。

健康な状態であれば免疫細胞によって血管に侵入した細菌は排除され大きな問題とならないのですが、献血される側の人は手術後であったりして免疫力と体力が低下している場合が多いため、もし献血された血液に細菌が存在すると問題となることがあります。

献血は出血を伴う歯科治療を行った際は、治療日を含む3日間はできないというのが基本ですが、まずは献血される際にどのような歯科治療をいつ受けたということをお話するようにして下さい。

堺市西区 津久野 上野芝の歯医者さん 津久野駅から10分 上野芝駅から10分の歯科医院

≪口腔機能低下症
【この「つの」は何??】≫
月別アーカイブ

上野芝はやし歯科

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★=9:00-14:00 【休診】土曜午後、日曜、祝日 
※各種保険取扱い

  • 072-260-0118
  • WEB診療予約

〒593-8308 堺市西区神野町2-21-22
 パルファン神野1F

WEB診療予約
院長ブログ
Instagram