歯周初期治療 症例

前回ご紹介した、歯周病基本治療を行った症例です。

歯周病

【主訴】歯茎の出血がある。前歯の茶色い所を綺麗にしたい。

【治療内容】歯周初期治療(ブラッシング指導、スケーリング・ルートプレーニング)、CR充填

【治療回数・期間】 8回・2ヶ月

【副作用・リスク】術後に知覚過敏症状が現れることがあります。術後歯ぐきの引き締まりによる歯肉退縮が現れることがあります。術後に痛みや腫れ、出血を認める場合があります。

歯周初期治療前と後の症例写真

歯周病が軽度であれば初期治療を行うだけで健康な歯肉を取り戻すことができます。

再発防止の為に治療後は定期メンテンナンスでしっかりサポートしていきます。

ただしこの初期治療だけでは改善が難しいケース、初期治療後の再評価で改善がみられないことが実際にはあります。そういった場合はどのような治療が必要になるのか。

また次回以降でご紹介します。

堺市西区 上野芝 津久野の歯医者さん 津久野駅から10分 上野芝駅から12分の歯科医院

≪歯周外科治療
歯周基本治療≫
月別アーカイブ

上野芝はやし歯科

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

★=9:00-14:00 【休診】土曜午後、日曜、祝日 
※各種保険取扱い

  • 072-260-0118
  • WEB診療予約

〒593-8308 堺市西区神野町2-21-22
 パルファン神野1F

WEB診療予約
院長ブログ
Instagram